デジタル教材

方べきの定理③

図のように,円外の点Pから円に割線と接線を引くとき, PA×PB=PT^2 (PTの2乗)が成り立つ。 これを方べきの定理という。